読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バラ色の日々

酒とメガネ男子と海と音楽をこよなく愛する大阪人が思ったことをつらつら書いてくブログだす。

物語は続いてく

今日で3月が終わりますね。

 

明日から4月。

新しい始まり。

 

この3月は本当に色んなことがありました。

なんといってもトサカの退職。

そして仕事上でトサカと同じく仲良しの人の異動。

 

送別会づくしで沢山トサカと一緒にいました。

最後の仕事の日は思うようなラストではなく淡々としていたり、やたら私にテンション低かったり距離を置いて来たり。

 

 

色んな感情になりました。

思い通りじゃないことに怒ったり

執着したり。

そんな自分をちゃんと気付いて受け止めて

どの感情にも真正面から向き合ってきました。

 

 

トサカに素直にぶつけたこともあるし、嫌なことは嫌だと伝えた。

そして大好きで大切ということも正直にストレートに伝えました。

 

 

向こうは自分の気持ち言わなかったけど、私の想いをちゃんと受け止めてくれたし手紙を書いてくれるそうです。

 

 

距離を取ってたのは自分の中で気持ちの整理がつかず、目が合うと泣きそうになるから、、との事で。

 

 

あーそうか。彼には彼の想いがあったんだな。

私に対して彼なりに大切に想ってくれてたのかなって感じました。

当たり前だけど自分と人は違う人間。

違う考え、違う想いがあって当然。

そこをどれだけ解り合えるか。

理解しようと出来るか。

 

 

わかった上で、それでも私は寂しかったこととラストなんやから仲良く笑って終わりたかったことは伝えましたけどね。

 

 

で、思ったんです。

私、自分の人生ちゃんと生きよう。

恋愛に集中し過ぎて自分を見失うのではなく、お互いがお互いの人生や生活を充実させてその上で繋がってたいなって。

依存とか執着とか求めてばっかりの恋愛じゃなくて。

ちゃんと支えあったり共有出来る関係でいたい。

ラストの日に渡したお手紙に、

『次会うときはお互い少しでも成長していよう。私もやりたいことやって今よりイィ女になって、キラキラしとくけん♪

もしあんたになんかあった時はあたしが支えるし、あんたがしょーもない男になったらあたしかぶっ飛ばすから安心せぇ。

もしあたしがしょーもない女になったら、叱ってな。』

って書きました。

 

昨日最後の送別会で楽しく時間を過ごした後2人になれて、最後ハグして改札まで送ってもらった時に。

『次会うときはお互いちょっと大人になってようね。もうちょっと大人になった2人で会おう。』

って言ってくれて。

 

 

素直に手紙を書いてよかったと思った。

嬉しかった。

これからも物語は続いてくんだなと。

未来のことはわからないけど、私の人生の主役は私だ。

人生のハンドルを握るのは私だ。

女だから頑張り過ぎたり必死になって思い通りにコントロールする必要はないけれど。

どうなりたいのか。

どうありたいのか。

選ぶのも決めるのも自分だ。

 

 

まだまだ弱くてグラグラな私だけど、完璧でいるのはやめた。

完璧であろうとするよりも、素直でありたいと思います。

 

 

私もトサカも本当によく似てる。

純粋で素直な部分とか

ひねくれてあまのじゃくな部分とか

大人に部分と子供な部分とか

仕事に対しての姿勢とか

人に対しての関わり方とか

とにかく感性がよく似てる。

だから一緒にいて楽で楽しいの。

 

 

似てるからこそ相手の嫌な部分は自分の嫌な部分でもある。

だから受け止めたいなって思えるし、自分も変わりたいなって思えた。

 

 

彼を通じて自分を知って、成長したいと思えた。

これって何より素敵なこと。

 

 

人の気持ちは思い通りにならない。

人は自分を満たすためのモノではない。

引き寄せとは、他人、結果、状況をコントロールするものではない。

 

 

頭ではわかっていてもついついつまづいてしまう事もある。

その度に気付いて前に進んでいけばいーのである!

 

 

恋愛より相手より自分に集中しよう。

執着より余裕を。

完璧より素直を。

 

 

今うまくいかないことがあっても、ちゃんと自分と向き合って成長させる心意気があれば必ず未来は変わる。

 

 

起こることは全て最善で必要なこと。

 

 

明日から新しい始まり。

新しい私。

新しい環境。

 

 

次会うときまでに絶対もっとイィ女になって、キラキラ輝いている私でいる。

トサカが何度でも恋に落ちるくらい。

世の中のメンズ全員恋に落とす勢いで。

 

 

あなたも絶対大丈夫。

どうしていいかわからない人やしんどい人はぜひ私に話してくださいね♡