読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バラ色の日々

酒とメガネ男子と海と音楽をこよなく愛する大阪人が思ったことをつらつら書いてくブログだす。

頑張らない努力

http://ameblo.jp/go-go-makky/entry-12261578290.html

 

アメブロにこんな記事を書きました。

 

 

先日のトサカの送別会で、ある司会者さんが『あなたは私たちのヒーローでした』と言っていた。
的確で素敵な言葉をチョイスする人だなぁと感動した。

 

 

私は昔から自分に自信がなくて、だからこそ仕事をがむしゃらに頑張って。
周りに評価されるほど嫉妬や反感も買って来たし、それでもいいと思ってまたがむしゃらに頑張ってきたから同期の女の子的な友達はほとんどいない。笑
今も昔も繋がってられるのはクライアントさんやお客さん。

 

 

女であることが嫌で隙を見せれば危ない目にあう。
だから男ばりに戦略的に結果を出すよう頑張ってきた。
私がしっかりしなきゃ
強くないと、完璧でないと。

 

 

結果2回身体を壊した。
1回目は卵巣が腫れて手術して、2回目は声が出なくなった。
まさしく強制休養。
手術のときは嫌々休むことを選んだけれど、声が出なくなった時は自分から休養することを選んだ。
仕事しかないと思ってた自分は休むのが怖かったし抵抗があったけど、休養中にハワイに行って『あぁ私は結局女なんだな』って思ったのを覚えてる。

 

 

男の人を見下して信用してなかった。
頼るとか甘えるとか信頼するとかそんなことしたら痛い目見るって思ってた。
女の人には嫉妬や反感を買わないようピエロになって。

 

 

ハワイから帰国して驚くほど肩の力を抜いて働けるようになった。
良い仕事をしたいという情熱は変わらなかったけど、1人で頑張るのをやめた。
自分の想いを伝えて相手の想いを聞いてお互いが気持ちよく仕事が出来るよう意識したり。
私はここが苦手だから助けてって素直に言えるようになった。

それからどんどんチームワークが強化されて、みんな私を守ってくれて助けてくれた。

中でもトサカと異動されたキャプテンはまさに私のヒーローだった。
最高にカッコいい2人のヒーローに囲まれて守られて働いていた私が、今さらまた無理して頑張ってもきっといい結果は生まないだろう。

ハワイから帰国した時と同じようにコミュニケーションを取ってまた新しいチームワークをつくっていく。
大変だけど、自分の成長にも繋がること。
完璧な人間なんていない。
人は自分の鏡だから。お互い素敵に映し合えるといーな。

 

 

私がやるべきことは自分の感度を上げること。
感性で仕事をするタイプの人間だから、その時感じることを素直に感じ切ること。
それを言葉にする。以上。

さて、これからどんな仕事が出来るかな。
不安もあるけど、希望しかない。
みんなそう。
きっとこれからどんどん新しい自分に成長して、新しい世界が広がるはず。

がむしゃらに頑張るのは殿方にお任せして、私は頑張ってくれてる人が元気になれるような太陽のような女でいたいなと思いまする♡
幸せ自己発電=最強。

 

 

頑張って必死になってしんどくなるのはもうやめよう。

やわらかくふんわりあっさりうまくいく♡

追いかけるより追いかけさせる自分になろう。